クレジットカード現金化が今年人気なっているのか検証してみた

クレジットカード現金化とは、キャッシングではなくショッピング枠を使って現金が手に入る方法となっています。それによってキャッシングで行うような審査がいらないことになります。

キャッシング、つまりお金を借りる時にはその人の返済能力を確認しなければなりませんので、審査は不可欠です。クレジットカードを発行する時も、審査をしてから限度額・キャッシング枠がどれだけかを決めています。ここで問題なのが昨年始まった総量規制です。これは貸金業者に対して利用者の年収3分の1までとする規制で、新しく借り入れができないケースがとても増えています。特に収入の少ない人や収入が無いとされる専業主婦に影響が出ているようです。

クレジットカードも例外ではなく、カード更新時にキャッシング枠の縮小またはまったく借りられなくなってしまったという人も少なくありません。その時にキャッシングの代わりの方法としてクレジットカードの現金化が利用されるようになりました。現金化はカードを使って商品を買い、その代金からキャッシュバックを受け取るという形になっており、審査は行われません。買い物をするたびにいちいち審査をすることはないですよね。

お金を受け取ることになりますが、それは借金というのではなく買った商品のキャッシュバックであることを覚えておいてください。それによって現金化の申し込みの時にも審査をする必要はありません。これ以上借り入れができない人にとっては助かる話ですね。審査がないので収入証明書などを用意することもありませんし、面倒な手続きも必要ありません。現金化は手軽に申し込みができますので、これからも利用者は増えることでしょう。

商品の送料はかかるのか?

クレジットカード現金化を申し込むと、業者の指定する商品を購入することになります。その商品がどんなものかは業者によってさまざまです。家電製品やブランド品といったいかにも高価なものであったり、冊子や小物といった、利用者の処分しやすいものであったりします。利用者はそれを自分の持っているクレジットカードを使って購入し、約束した金額のキャッシュバックを受けるという形になります。

通常ネットショップで買い物をすると、商品の送料は買った側が払います。金額についてもはっきり書いてありますね。クレジットカード現金化でも同様です。送料の金額についても明示してありますし、広告にのっていなければ業者に確認しましょう。もしかして無料かもしれません。

そういった経費の扱いも業者によって違います。中には商品の送料や振込み手数料といったものを含め、合計として還元率を出している所もありますし、還元率によって決まる振り込みの金額と手数料は別にしている所もあります。急いで申し込みすることはありません。自分が負担する金額はどれくらいになるのか、その内訳はどうなるのか、しっかり業者に確認して検討して、それからでも遅くはないですよ。

送料や手数料のことを確認せず、あいまいにしておくと後でトラブルの種になってしまいます。自分の思い込みで現金化をすすめると、後で手数料を差し引いたら希望額よりだいぶ減ってしまったということになりかねません。前もってわかっていれば、もっとお得に現金化できる業者を探すこともできますよね。また悪質な業者と知らず、みすみすだまされてしまう可能性もあります。事前にいろいろ確認することによって、業者の信用度もある程度判断できるということです。

クレジットカード現金化に流行最前線は松戸!クレジットカード現金化をするなら一度松戸の店舗に行ってみたはいかがでしょうか?