クレジットカード現金化のヤバすぎる真実

みなさん、最近「現金化」というワードを耳にしませんか?ご存じの方には野暮な質問かもしれませんが、ここではこの「現金化」とは何なのか、そのシステムについて紹介させていただきたいと思います。

古来、物々交換で成り立っていた人間社会に、「貨幣」というものが登場してからは、物のやりとりに貨幣を用いて購入するという現代の経済社会へと変化を遂げました。貨幣が登場した当初からは想像も付かないほどこの経済社会は発達し、現代ではお金をお金で売買するということも国際的な常識となっているのです。

ところが、私たち一般庶民の生活ではまだまだお金を介して商品やサービスを購入する形が取られています。つまり、お金がなければ物もサービスも買うことが出来ないのです。中には信用に基づいて物を売買することも可能ですが、庶民の間では生きていくためには「お金(現金)」という物が絶対不可欠なのです。

働いて現金を得る方法が主となりますが、どうしてもその収入だけでは事足りない場合には、返済能力があると認められた人に限っては必要とする現金を貸すという仕組みがあります。いわゆる金融機関などからの借入や融資のことです。これらには、その金額に沿った利息を付けて返済するのが一般的でしょう。

しかし、これまでの金融機関らによる借入やクレジットカードでのキャッシングに代わって、カードのショッピング枠を使って品物を購入し、その品物を転売することで現金を手に入れることが出来る仕組みが、現金化となります。

ようするに、ある商品をカードで購入し、それを買い取ってもらうことで現金化することが出来るのが、クレジットカード現金化の基本的なシステムとなっています。ただし、これら現金化業者もボランティアでやっているわけではないので、商品を買い取ってもらうときの金額は商品購入代金を下回ることになります。この差額のことはキャッシュバック率、換金率、還元率などと呼ばれています。

関連記事

    None Found

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です