換金率を制すものはクレジットカード現金化を制す

このクレジットカード現金化のシステムは、カードに設けられているショッピング枠を使って買い物をして、それを現金に換えるようになっています。その時に購入する商品の多くは、現金化業者サイトなどを見ていただければお分かりでしょうが、業者が指定する商品となっているようです。

サイトに記載されている「当社指定商品」とはどのようなものなのでしょうか。現金化業者の中にも具体的な商品名を掲載しているものもありますが、殆どのケースで「当社指定商品」とされていると言っても良いでしょう。

こう書くと現金化において対象となる商品の実態が見えてきませんが、ようするに金銭的価値のあるものであれば何でも構わないようです。

言い換えると、換金性の高い商品となります。現金化業者は利用者から買い取った商品を転売することが出来なければ、商売あがったりです。ですから、極論を言うとその商品は自己資金であっても構わないと言うことになります。つまり商品は実在せず、買い取るとなれば売る側からするとどんな商品でも問題ないということです。

現金化業者の指定する商品を利用者がカードのショッピング枠を使って購入し、それを現金で買い取ってもらうことで利用者は現金を手にすることが出来るのですから、無用の詮索はしないことです。

クレジットカード現金化業者とは、このような取引によって生じる差額で利益を確保するのです。よって、「当社指定の商品を購入していただきます」という条件を掲げるだけでよいのです。

つまり、サイトや店舗において現金化するときの商品がどのようなものであれ、それを売買する際の差額(これを換金率、還元率、キャッシュバック率などと呼びます)が多ければ業者の儲けも多いのです。

しかし、現金化の利用者にとってはその差額が多すぎると自分が損するわけですから、そのような業者は選ばないでしょう。ですから現金化業者の方も多様な換金率を設定しているようです。

関連記事

    None Found

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です