「クレジットカード現金化のやり方」カテゴリーアーカイブ

換金率を制すものはクレジットカード現金化を制す

このクレジットカード現金化のシステムは、カードに設けられているショッピング枠を使って買い物をして、それを現金に換えるようになっています。その時に購入する商品の多くは、現金化業者サイトなどを見ていただければお分かりでしょうが、業者が指定する商品となっているようです。

サイトに記載されている「当社指定商品」とはどのようなものなのでしょうか。現金化業者の中にも具体的な商品名を掲載しているものもありますが、殆どのケースで「当社指定商品」とされていると言っても良いでしょう。

こう書くと現金化において対象となる商品の実態が見えてきませんが、ようするに金銭的価値のあるものであれば何でも構わないようです。

言い換えると、換金性の高い商品となります。現金化業者は利用者から買い取った商品を転売することが出来なければ、商売あがったりです。ですから、極論を言うとその商品は自己資金であっても構わないと言うことになります。つまり商品は実在せず、買い取るとなれば売る側からするとどんな商品でも問題ないということです。

現金化業者の指定する商品を利用者がカードのショッピング枠を使って購入し、それを現金で買い取ってもらうことで利用者は現金を手にすることが出来るのですから、無用の詮索はしないことです。

クレジットカード現金化業者とは、このような取引によって生じる差額で利益を確保するのです。よって、「当社指定の商品を購入していただきます」という条件を掲げるだけでよいのです。

つまり、サイトや店舗において現金化するときの商品がどのようなものであれ、それを売買する際の差額(これを換金率、還元率、キャッシュバック率などと呼びます)が多ければ業者の儲けも多いのです。

しかし、現金化の利用者にとってはその差額が多すぎると自分が損するわけですから、そのような業者は選ばないでしょう。ですから現金化業者の方も多様な換金率を設定しているようです。

賃金業法の改正で変わった金融規制

ご存じの方もいらっしゃるでしょうが、2010年に貸金業法が改正されました。その法改正の目玉でもある総量規制により、個人や世帯での借入が年収の三分の一以内となり、全ての金融機関においてこれまでのように容易に借入を行うことが出来なくなりました。どの金融機関も、お金を貸したくても貸せない状況なのです。

この総量規制は多重債務者の増加に歯止めを掛けるために定められました。なぜならその多くの債務者は年収に対しての借入金額が、すでに三分の一近くに達しているからです。

また、この総量規制の対象となるのは個人または世帯であり、ここの金融機関ではありませんので、複数にまたがる金融機関から借り入れている金額を足した総額が、その人の年収の三分の一に達してしまったら、もうそれ以上の金額を借り入れることが出来なくなったのです。

多重債務者を救うために設けられたこの総量規制ですが、消費者から見ると、人々は日々の生活を急に変えることなど難しいものです。生きていくためには現金が不可欠です。ここで紹介するのは、クレジットカードのショッピング枠を使って現金を手に入れる方法ですが、それを生業にしているのが「現金化業者」です。

この現金化業者は、個人同士で品物を売買して現金に換えるのではなく、その仕組みを利用して現金化業者が品物を買い取って、利用者にその代金を現金で利用者に還元しているのです。

なぜこのようなクレジットカード現金化業というものが商売として成り立つのかというと、現金化業者は例えば利用者から買い取る商品が10万円の価値があったとして、その品物を10万円より安く買い取るからです。

さらに、その買い取った商品を10万円に近い金額で転売することで、買い取ったときの金額との差額が業者の利益となります。ようするに、人のお金を動かすことによって利益を得ている仕組みになっています。このようなクレジットカード現金化業者は急増しており、ネット上にも多くの現金化業者が運営するサイトがアップされているのです。

クレジットカード現金化のヤバすぎる真実

みなさん、最近「現金化」というワードを耳にしませんか?ご存じの方には野暮な質問かもしれませんが、ここではこの「現金化」とは何なのか、そのシステムについて紹介させていただきたいと思います。

古来、物々交換で成り立っていた人間社会に、「貨幣」というものが登場してからは、物のやりとりに貨幣を用いて購入するという現代の経済社会へと変化を遂げました。貨幣が登場した当初からは想像も付かないほどこの経済社会は発達し、現代ではお金をお金で売買するということも国際的な常識となっているのです。

ところが、私たち一般庶民の生活ではまだまだお金を介して商品やサービスを購入する形が取られています。つまり、お金がなければ物もサービスも買うことが出来ないのです。中には信用に基づいて物を売買することも可能ですが、庶民の間では生きていくためには「お金(現金)」という物が絶対不可欠なのです。

働いて現金を得る方法が主となりますが、どうしてもその収入だけでは事足りない場合には、返済能力があると認められた人に限っては必要とする現金を貸すという仕組みがあります。いわゆる金融機関などからの借入や融資のことです。これらには、その金額に沿った利息を付けて返済するのが一般的でしょう。

しかし、これまでの金融機関らによる借入やクレジットカードでのキャッシングに代わって、カードのショッピング枠を使って品物を購入し、その品物を転売することで現金を手に入れることが出来る仕組みが、現金化となります。

ようするに、ある商品をカードで購入し、それを買い取ってもらうことで現金化することが出来るのが、クレジットカード現金化の基本的なシステムとなっています。ただし、これら現金化業者もボランティアでやっているわけではないので、商品を買い取ってもらうときの金額は商品購入代金を下回ることになります。この差額のことはキャッシュバック率、換金率、還元率などと呼ばれています。